知多半島でおすすめの「えびせんべい」直売所といえば・・・

愛知県にある知多半島の名産品といえばえびせんべい。知多半島にはせんべい工場・直売所が広く点在しています。

その中でも、知多郡美浜町の観光名所になっているえびせんべい工場が「えびせんべいの里 美浜本店」さん。

工場併設で製造ラインをガラス越しに見学することが可能なうえに、直売所では味見をしてから好みの商品を購入することができる、購入者にとって利点しかないお店があるんです!

そもそも、愛知県内のえびせんべい店は基本的に「味見可能」という、他県の者からすると驚きのシステムを導入されているお店が多いのですが、知多半島のお店は遠くても足を運びたくなる大人気の理由があるのです・・・

 

えびせんべいの里 美浜本店

昭和23年から製造販売。工場増設・部門移設などを経て、平成元年に現在の「えびせんべいの里 美浜本店」の形に

名称 えびせんべいの里 美浜本店
所在地 愛知県知多郡美浜町北方吉田流52-1
電話番号 0569-82-0248
営業時間 8:00~17:00
定休日 1月第2週の平日3日間

9月第1週の平日3日間

年末年始、

入館料 無料
駐車場 有り:無料
その他  工場見学、おせんべい焼き体験コーナー有り
公式HP http://www.ebisato.co.jp/index.php

▼えびせんべいの里美浜本店の駐車場



豊富な商品

店舗入り口を抜けると、バスケコート2面分はあるだろう面積の直売所が目の前に開けます。

定番の”えびうす焼”から、塩レモン・梅・のり・わさび・チリ・イカ墨・みりん・・・

チョコの掛かったせんべいや店舗販売のみの期間限定商品など、兎に角、豊富な種類が所せましと並んでいます。(贈答用コーナーもあり、熨斗対応もしてくれます。)

陳列されている商品のほとんどが試食可能。商品の隣に試食が入ったボックスとトングが置かれています。

人間心理。「限定」に弱い・・・試食の結果、どれも美味しかったので選び切れず、結局限定品のミックスと辛みのあるおせんべいを購入。

 

工場見学

販売所を抜けて通路奥へ進むと・・・

一度屋外に抜け、社長直通の赤いポストが設置されている隣の施設へ。

こちらではガラス越しに工場のライン生産を見学することが出来ます。奥にも屋外から工場見学場所有り。

えびせんべいの歴史を学べる資料も展示されています。



休憩コーナー

こんなに寛大な休憩コーナーがあるでしょうか!(もちろん、試食の持ち込みは禁止ですよ。”試食”ですからね、おやつではありません)

無料のコーヒーやお茶を飲みながら、地域の観光情報なども知ることができる休憩コーナーです。

色々な種類のおせんべいを試食して、お気に入りの味をみつけたら購入。

荷物が増えてかさばるならお手洗い前のコインロッカー(無料・要100円玉)に預けて、工場見学やおせんべい焼き体験をして休憩もできる、とことん利用者目線の優しいお店。

 

おせんべい焼き体験

休憩コーナーの一角で「おせんべい焼き体験」ができます。

このおせんべい焼き体験は、美浜本店と御殿場店のみ実施

★美浜本店の場合

・一枚300円
・先着順(予約不可・生地がなくなり次第終了)
※開催日は公式HPと異なる場合があるので、直接問合せすると確実!

いかのワイン焼き

こちらも休憩コーナーの一角で販売されている、「土日祝限定販売」のいかのワイン焼き。

またまた「限定」ということで、買い求めるお客さんで列が出来る人気の商品。

 

地域観光情報

知多半島の観光スポットや周辺地域の観光案内が壁に沢山張り紙されています。

お茶を飲みながら眺めていると、行きたくなる穴場(?)が次々と・・・!

 

お手洗いが豪華

お手洗いの画像はありませんが、えびせんべいの色を模したような淡く優しいオレンジ色一色のトイレです。

高速道路のサービスエリアに来たような感覚に陥る、20部屋以上ありそうな個室トイレ。

水場の空間も広々としていて綺麗で落ち着く空間が作られています。

 

まとめ

えびせんべいの里美浜本店さんの魅力が伝わったでしょうか?

休日となると各地からお土産や自宅用おやつで買い求めるお客さんで大変賑わっています。

また、地域農産物の販売コーナーもレジ付近に設置されている時もあるので、おせんべい購入前に要チェックです!

 

※情報は2017年11月現在のものです。

コメントを残す