滋賀県で立ち寄りたい!評価の高い「道の駅」はココ!

滋賀県は近畿地方に属し、福井県・岐阜県・三重県・京都府に隣接した内陸県です。

県の中央には日本最大でいて400万年以上の歴史をもつ湖「琵琶湖」を擁しています。

その滋賀県のシンボル・琵琶湖を中心に、自治体を東西南北の4つに区分し、

湖東・湖西・湖南・湖北、それぞれ異なる文化で発展してきました。

今回は湖東に属する「東近江市」の人気道の駅をレポートします。

 



あいとうマーガレットステーション

東近江市の中央、名神高速道路沿いにある道の駅。

名称 道の駅東近江市
あいとうマーガレットステーション
所在地 滋賀県東近江市妹町184-1
電話番号 0749-46-1110
営業時間 直売館 9:00~17:00(11~4月)
9:00~17:30(5~10月)
Rapty 10:00~16:30
田園生活館 9:30~18:00
レストラン 9:30~17:00
(オーダーストップ 16:30)
定休日 火曜日
駐車場 乗用車120台 大型車10台
HP http://www.aito-ms.or.jp

あいとうマーガレットステーションは

名神高速道路と近江グリーンロード(国道307号線)の交差する、田畑の開けた場所にあります。

東には「鈴鹿山脈」が、南には鈴鹿山脈が源の「愛知川」。

その川はやがて西に構える「琵琶湖」へと流れます。

山の栄養に富んだ水・土で育った野菜や加工品販売、名物のジェラート、

一面の花畑など、地元民や観光客達で賑わう滋賀県屈指の道の駅です。

 



あいとう直売館

その名の通り、新鮮な地元野菜が沢山並んでいました。

加工食品やお弁当、手作りスイーツも美味しそうです。

店舗内は広々としていて、売り場の7割は野菜、残り3割は加工品や手作りのお弁当・お菓子が販売されてます。

どれも新鮮で、加工品も美味しそうなものばかりが陳列されていて見ていてとても楽しいです。

田園生活館


入り口から可愛いドライフラワー・ハーブ達がお出迎えしてくれます。

内部は沢山のお花、お土産、ハーブグッズや体験教室、レストランが入っています。

建物の外観から内部のディスプレー・陳列商品に至るまで、カントリー調で統一されているので、好きな方はツボにはまると思います。

店内は撮影禁止なので、このカントリーワールドが伝えきれないのが残念!とても素敵な空間ですので是非直に見て雰囲気を味わっていただきたい。

ちなみに店内には3つの店舗が入っているようです。

花工房 花を取り扱った手作り教室。
ショップ 東近江市の特産品や、ドライフラワー・アロマオイル関連商品を販売。「ドライフラワー」「ハーブ・ポプリ」「愛ランド」「リラクゼーション」の4つのコーナーがあります。
レストラン 地元産の野菜を使用したレストラン。(※2018.3.17ビュッフェにリニューアル予定だそうです。)

Rapty(ラプティ)

直売館の裏にあるジェラートのお店『Rapty(ラプティ)』。

東近江産・契約農家の牛乳と地元農産物で作ったイタリア仕込みのジェラートが人気。

季節限定のジェラートもあるので、それを目指して足しげく通う方もいるほど!

毎月10日は「お客様感謝デー」として一部商品をお得に購入できるようです。

ジェラート以外にも地元の野菜を使用して作った手作りケーキやシュークリーム、焼き菓子等も扱っています。

今回は、「食べログ 話題のお店」に選ばれた大人気のジェラートを購入しました。

 

シングルとダブルを注文(シングル310円/ダブル350円) 
選んだのは『杏仁・お米・ミルク』・・・写真映えを無視した白系のみのジェラート・・・

 

真夏で30℃超えだった為、店外に出たら一気に溶けてしまいました。

写真を撮って、じっくり味わう余裕すらなくセカセカ食べ・・・

 

杏仁・・・夏限定のジェラート。杏仁豆腐好きにはたまらない!これは確かに杏仁!というほど香りがする甘いジェラートです。

お米・・・滋賀県産「みずかがみ」を使用。お米の粒を残しているので食べたときの舌触りが面白いです。味は塩味なのでしょっぱさの奥にミルクの甘みがジワジワと口いっぱいに広がります。

ミルク・・・これは定番中の定番!外すわけにはいきませんよね。東近江産のミルクを使用していて、ミルクの風味が広がります。

 

ジェラートの種類は豊富なので、あれもこれも食べてみたい!と選ぶのに迷ってしまいます。

そんな時は『ジェラートナイン(1,000円)』がオススメです。

9つのジェラートを選んで味わうことができます。

1つのサイズも2、3口で食べきれるサイズなので丸々食べきれるし

好みの味を試せる大満足なメニューです。

 



とび太くん

Raptyの隣には屋外休憩所とお手洗いがあります。

子ども連れ親子や、年配の方々が休憩中。

お手洗い隣の車椅子用スロープを下ったところに

滋賀県東近江市の名物『とび太くん』発見。

東近江市内を走行しているととび太くんを見かけますが

ここならゆっくり撮影できます。

記念に↓

「飛び出し坊や」、「とびだしくん」などの呼び名をもつ「飛び出し人形」。滋賀県は全国一の設置数を誇るといわれています
http://www.mahorova.com/works/tobidashikun

田園生活館に、「とび太くん」の消しゴムやファイル、キーホルダーなどのグッズが販売されていました。

 

 

あいとうマーガレットステーションは、

地元の新鮮野菜やジェラート、アロマ・ドライフラワー以外にも人気の秘密があります。

冒頭にも述べましたが、

こちらの道の駅の東側には鈴鹿山脈がそびえ、秋には色づいた紅葉を見ようと全国から観光客が訪れます。

同時に、道の駅の隣の敷地では、ヒマワリやコスモスが畑一面を華やかに色づかせるので

 

鈴鹿山脈の紅葉と併せて季節の彩りを見ることが出来る

 

と大変混雑する人気スポットです。

 

この時期は駐車場も満車で駐めるのに時間が掛かると思われます。

あえて時期を外して訪問しても、充分に楽しめますので、近くをドライブなどで通る方は是非立ち寄ってみてください。

 

0717



コメントを残す